消費税増税に伴う窓口負担金の変更について

2014-03-14

41日から消費税が5%から8%に増税されるのに伴い、介護報酬の改定が行われ、介護保険サービスを受けている利用者さんの一部負担金がこれまでとは変更になります。
医療保険の医療サービスや介護保険の介護サービスを提供した事業者(病院や介護保険施設等)がその報酬を保険者に請求する時には消費税の請求が認められていないため、事業者が備品、消耗品等の購入を行った時、増税分を直接負担することになるので、この消費税増税分の補填を受けることが出来るように報酬単価が若干引き上げられたためです。
窓口負担金がこれまでよりも増えることになりますが、増額分は各事業者の利益となるわけではなく、事業者の各種支払時の消費税増税分として支出となりますので、利用者皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

Copyright(c) 2013 feuillage All Rights Reserved.